明るい空気

明るい空気






あぁ覆いかぶさってくる


この黒く大きな布が


前途を閉ざさないよう


はらいのけねばならぬ


手ではらおうとすれば


際限のない黒波に


飲まれるようなもので


精も根も尽き果てる


迫りくる黒布には


明るさという空気を


送り出し送り出して


はらいのけねばならぬ


たとえいま黒い布に


完全に覆われていても


明るい空気を送れば


前途が浮き上がるのだ







2015.1.22

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入