脳内パニック

脳内パニック






回転速度が速いほど


あたまの中は大パニック


ひとつ瞬き


ふたつ瞬き


弾けて跳んで


消えては生まれ


ぐるぐるぐるぐる


ばちばちばちばち


出ていかないから


ふえてくふえてく


やがて煙が立ちのぼり


警報装置が唸り出す




ノートをひらいて


瞬きを書く


脳内の扉は


ノートの上にある






2015.10.23

詩集『ふじちょう』をamazonで購入