海岸通り

海岸通り






椰子の木の海岸通り


日差しは目映いばかり


日常を置きざりにして


潮風が過ぎ去ってゆく


相変わらずぼくたちは


不器用なままにいるけど


ほんのちっぽけなことだと


赦し合えるはずだよ




大きな海と大きな空


ちっぽけなぼくたちの影




誰かのせいにするのはやめだ


自分を蔑(さげす)むのもやめよう


もっと人に優しくなりたい


今の自分を好きになりたい








2014.9.14

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入