鹿の子百合

鹿の子百合(かのこゆり)






唐突なところは


きみにそっくりだ


いつの間にか居て


身振り手振り


大きなつぼみが


なんだかハラハラ


ある日に突然


花を咲かせた


まるで追い風に


向かうがごとく


花弁はぐるっと


反り返っている


そばかすの頬が


桃色に染まる


いまきみはどこへ


向かっているだろう







2014.8.9

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入