予期せぬ呼吸

予期せぬ呼吸






ぼくの呼吸がとまるとき


それはいったいどんなとき?


背中に水を浴びたとき


これ以上ないほど息を吸ったとき


お化け屋敷の曲がり角で


走り幅跳びの踏み切り板で


秘密の告白を受けたとき


唇が近づいていったとき


夢の中で階段を登ったとき


天使たちのいる扉を開けたとき


ぼくの呼吸がとまるとき


それはほとんど予期せぬとき








2014.2.12

0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入