太陽がビルに隠れるとき

太陽がビルに隠れるとき






太陽がビルに隠れるとき


僕らは何を思うだろうか


単に一日が終わったと思うか


長い人生のうちの一日を思うか


もう再び太陽は見れないと思うか


誰かが作った仮想現実を思うか


あしたは必ずやって来ると思うか


あしたは必ずやって来ないと思うか


地上から人が消えてしまうと思うか


地上から絶対に人は消えないと思うか


自分は何のためにここにいると思うか


風に揺れる樹はなぜあるかと思うか


太陽はなぜビルに隠れると思うか


太陽はなぜビルを隠さないと思うか


長い影はいつも気づかぬうちに


その姿をふいと消してしまう








2014.1.18

0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入