今から

今から






助けてと言えたなら


どんなに良かっただろう


どこかの分かれ道で


手の鳴るほうを選んだのだ


自分の力だけ信じ


かけ上がってきたつもりが


助けを得ている人に


次々引き離されている


もう一度あの分かれ道


そう思っても戻れはしない


似たようなあの分かれ道


それなら出遭えるかもしれない


今からでもまだきみに


助けてと言っていいだろうか







2013.11.13

0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入