きらきら電車

きらきら電車






きみを乗せた電車が


きらきら走り去ってゆく


二本のレールの上で


やっと足をとどめてる


踏切はさっきから


風を通しているけれど


ぼくはその風に


いつまでも抵抗する


きっと大丈夫なんて


言葉をかけたはずが


ぼくのほうがまるで


大丈夫じゃないみたい


誰ひとり区別なく


同じときが過ぎるから


いまは思うとおりに


きみのときをゆけばいい







2013.11.19

0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入