哀しい仮面

哀しい仮面







封筒の紙を



今日も数える



なんの狂いもない



重さすら同じ



正義のヒーロー



見たのはいつだ



喝采と野次



また汗を拭う



割りきってるんだ



言い聞かせてる



それなのにもう



風船が目に入る



きみの手にはさ



未来が握られてる








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入