桜の星

桜の星







星の数ほど



散った花片は



いったいどこへ



消えるのだろう



そのくせにまた



新しい春には



地から湧くように



咲くんだもの



そんな具合に



記憶もきれいに



咲き変われば



良かったのに



茶色になった



花片をひとつ



つまんで空へ



放り上げた








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入