暑い日

暑い日







ぼくのからだには



死臭がつきまとう



いくら洗ってみても



香水をふりかけても



湿った石苔(いしごけ)のように



じっとりとまとわりつく



それなのにみんな



いいにおいだと云う



死に向かっているのは



薔薇も木犀も同じ



いいにおいだなあと



死臭を嗅いでいる



精一杯生きていると



いつかは云えるかしら



また暑い日が続き



しばし朦朧となる








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入