満天の星

満天の星







ぼくはあなたのために



あなたのためだけに



頭を一杯にしたことが



どのくらいあっただろう




ぼくはあなたのために



あなたのためだけに



時間を使い切ったことが



どのくらいあっただろう




重荷になるのではなく



足枷(あしかせ)になるのでもなく



満天の星が降りてきて



地上でそっと輝くように



絶えず微笑みを湛(たた)え



闇を払い除けてしまう



そんなふうにして



そばにいれたら








 

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入