フィットネス

フィットネス







何キロも何十キロも



走っているはずなのに



見えている景色は



窓に映った自分だけ



どうしてなのだろう



いつも景色は同じだ



どれだけ走ってみても



何ひとつ変わらない



たとえばここで倒れたら



どんな景色になるだろう



天井にも同じように



自分だけが映るのか



きっとそうに違いない



何も変わらないのだ



自分からは逃れられない



窓の僕は走っている









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入