崩れかけの防波堤

崩れかけの防波堤







この港にさえいれば



とても安らかなんだ



割ともう古いから



桟橋なんかは錆びて



防波堤も所どころ



崩れたりしているけど



波は穏やかだし



案外広々していて



この中を走る分には



何ひとつ不自由ない



でも時々ふっと



防波堤の外を見る



波は高く荒く



空は恐ろしく続く



そして予感し疼(うず)く



船は船であることを










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入