ぼくたちの事情

ぼくたちの事情







バリバリと



思い出を喰う



重機車の



ゴツゴツした腕



目を離せば



あっという間に



空間という



空き箱が出来る



その横では



黒い骨と骨が



積み上がっている



子どもらはもう



海へ入っていった









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入