氷が解けるまでに

氷が解けるまでに






プライドだとか


虚栄心だとか


そんな障壁を


ぶち壊したら


心の中が


すっと見渡せて


あぁやっぱりな


真実の花だ


一番の奥の


花瓶に一輪


ありのままの


姿があった




真実の声で


ごめんなさい


アイスコーヒーが


カランと鳴った










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入