変わりゆく時

変わりゆく時






ねえ果たして僕は


変わってしまったかなあ


無邪気に走り回っていた


キラキラした目の僕と




ねえ果たして僕は


変わってしまったかなあ


捨てられていた子犬の


頭を撫でていた僕と




ねえだけども人は


変わらないとだめだよね


いつまでも殻の中にいたら


死んだことさえわからないもの













0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入