吹いてやれ

吹いてやれ






弱々しいあの太陽に


せ-ので息を吹き込んで


ぐんぐん炎をたぎらせて


燃えるような日にしよう


さあ肺の中いっぱいに


きれいな空気を吸い込んで


あの太陽を目がけて


思い切り吹いてやれ


たとえ太陽が変わらずに


弱々しいままでいても


ぼくらの中にある炎は


思い切り燃え盛るはずさ












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入