すぐそばの微笑み

すぐそばの微笑み






絶えず水を湛(たた)え


空を映している


静かに微笑み浮かべ


わたしを見守っている


嫌なことがあっても


悲しいことがあっても


水面をじっと見てると


なんだか落ち着いてくる


今日はどこかの桜の


花弁が遊んでいた


気づけばわたしの顔


微笑みが浮かんでいた












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入