趣陰(しゅいん)

趣陰






まぶしすぎることを


ぼくたちは嫌う


きっと目をあけては


いられないからだ


だからいそいそと


陰に身を隠す


そうしてそこから


まぶしさに目をやる


ぼくたちは結局


陰がすきなのだ













0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入