イグアナの冬

イグアナの冬






もしもイグアナが


北国にふらり


まぎれこんできて


冬を迎えたら


寒さに震え


雪に凍えて


動けないだろうか


斃れるだろうか


風雪に耐え


空腹に耐え


乗り越えるのか


春を見るのか


イグアナはぼくで


イグアナはきみで


あるいは誰もが


イグアナなのだろう












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入