メトロノーム

メトロノーム






ぼくがメトロノームになれば


きみは奏でてくれる


ゆっくり揺れてみれば


やさしく口ずさむし


激しく左右すれば


ヒステリックにかきむしる


ぼくのメトロノーム次第で


きみは変わってしまう


だからぼくは時々


苦しくなったりもする


どうかぼくを止めてと


思ってしまったりする


だけどやっぱりぼくは


きみの奏でが聴きたい


ぼくはメトロノームになって


いつまでも聴いていたい













0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入