選手のいない競技場

選手のいない競技場






バトンを渡そうとして


腕を伸ばしてみても


受け取ってくれるのは


誰ひとり居やしない


そりゃあそうだよな


誰もいないトラックだ


ただひとりバタバタと


息を切らしているだけ


さあトラックを出なきゃ


人がいる場所へ行け


ほらこいつがバトンだと


教えなきゃ始まらない










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入