光陰の矢はどこへ

光陰の矢はどこへ






早送りで過ぎてゆく


人も車も飛行機も


速ければ速いほど


崇(あが)められてゆく世界


小説を指でぱらぱらと


めくっていくから読めと言う


慌ただしく字が流れ


情緒も何もありはしない


虎が四頭椰子の木で


ぐるぐる回ってバターになり


人は青い地球の上で


ぐるぐる何になるのだろう










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入