ひとときの花

ひとときの花






摘みとった花は


いつか枯れるのです


だから手も触れず


見守っていたのです


かなしいことに花は


それでも枯れました


なにが一番良いのか


難しくてわかりません


考えても考えても


浮かんでこないのは


答えがずっとずっと


シンプルなのでしょう




あの人を喜ばせたい




たとえばそんなふうに












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入