孵化のとき

孵化のとき






ぼくには殻がある


たまごのような殻




雛はくちばしで


殻をつつき割る


もし割れなければ


どうなってしまうだろう


この世の光さえ


浴びることもなく


殻の中でひっそり


目を閉じるのだろうか




ぼくには殻がある


たまごのような殻


てのひらにのせて


中のぼくにつつく











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入