谷底

谷底






目を覚ましたら


谷底にいた


鬱蒼と樹々が


上から迫る


足を滑らせて


落ちたんだ


落ちるときは


あっという間だ


何が起きたか


わからなくなる


とにかくまずは


元の場所へ


そうすればまた


先へ進める


上を見上げて


息をひとつ










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入