防波堤

防波堤






波の上に横たわる


無表情の防波堤


ヒトデも干からびる


静かな港の風景


ざぶん


ざぶん


いつも波を受けている


時化のときも耐えている




きっと誰かが


守ってくれている




いつか港を出て


遠くへ行く日まで


頼りないこの僕を


どうか見守っていて









詩集『ふじちょう』をamazonで購入