目と目と目と目

目と目と目と目






公開するか


公開しないか


そんな選択を


迫られてないか


扉を開ければ


目と目と目と目


知らずに開ければ


病むに病めず


公開するか


公開しないか


扉はいつだって


鍵があいている


手をかけるだけで


それは開かれる






2015.3.28

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入