若木

若木






見たことのないような


若い木が生えている


どこまで大きくなるか


どんな実をつけるのか


ひょろひょろとした今では


想像を突き破ってくれない




すぐに実をほしい人は


たちまち切ってしまうだろう


実の成る木だったとしても


あてになどしていられない


じっくり生長を守る人は


ついに何も得ないだろう


時と手間をかけたのに


ただの雑木かもしれない




本当はなにもかもあてにせず


若い木を愛でればいい








2014.8.28

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入