蟻地獄の光

蟻地獄の光






足掻いて


足掻いて


それでもなお


上にはゆけず


ずるずると下に


落ちてゆくばかり


待っているのは


地獄の入り口


上がれぬが


運命ならば


足掻くより


むしろ向かえ


後ろ向きで


落ちるよりは


前を向くのが


光明を見る


かすかに


どこかに







2014.4.23

詩集『ふじちょう』をamazonで購入