最後の旋律

最後の旋律






悲しく鳴り響く


誰もいない校舎


律儀に時間を守る


終業を告げる鐘


春の風は爽やかに


校門を抜けてゆく


もう戻ることはない


思い出が窓に映る


喜びの歌だけを


歌えたらいいのに


よぎる旋律はなぜ


悲しみを帯びるのか


大きな木の梢に


青い空がかかっていた








2014.3.30

詩集『ふじちょう』をamazonで購入