黒い煙

黒い煙







ごみ収集車の中で


ぼくはじっと考える


茶ガラ鼻紙濡れ雑巾


腐ったバナナ魚の臓腑(はらわた)


衣装カツラ汚れたパンツ


吸殻空き缶コンドーム


それらが混じった中で


ぼくは行く末考える




考えても考えても


行く先は変わらず


宴もたけなわの頃


ぱかっと扉がひらいて


ぼくはもろともに


火中へ投じられる


どうせという考えは


黒い煙へと変わる









2013.10.16


0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入